就業前、昼休み・・・それはまさに至福の時間・・・ 職場モデラーのガンプラ制作記


なんだか書きたいことはいっぱいあるのにブログ更新をしないのは夏バテですきっと<サボりです


そんなこんなで大分前に紹介記事を書くと言っていたにもかかわらず、すっかり忘れていたチョッパーについて書いてみたいと思います。

douguiroiro 010

これがチョッパーと呼ばれる道具です(正式にはチョッパー2)
ディテールアップやプラ板工作するときに、同じ長さのプラ材が大量に欲しいときってありますよね。
そういうときにひじょ~に役に立つのが、こちら!チョッパー2なのですよ!奥さん!!(ジャパネットたかた風)

douguiroiro 015

使い方は簡単!
画像のようにプラ材をセットしたら刃をガコッと!
これを繰り返せばなんとびっくり!同じ長さのプラ材が大量生産できるわけですよ!奥さん!!(ジャパネットたかた風)

douguiroiro 018

というわけで、このように同じ長さのプラ材が数秒でできました。
ちなみにチョッパーは刃で押し切る道具なので、ある程度厚いプラ材を切るのには適していません。
タミヤの5mm角棒は切るの辛いです(切れますが力がいるので危ないです)
このときは、四面に少しずつ切れ込みを入れていけばうまく切れます。
エバグリの4.8mm角棒は大丈夫です(エバグリは柔らかいから)

そんな感じでしょうか。
なにか分からないことがあったらコメでもメールでも遠慮なく聞いてください。
個人的には買って良かった道具のかなり上位に入ります。




ガンプラブログランキングに参加しています。
応援よろしくおねがいします!




萌えアニメとか萌え筋トレとかの話題ばかりしてると、ボクが萌え好きだと勘違いされそうなのでちゃんと模型ネタを<手遅れ


最近使ってる人をよく見かけるようになったこちら。
douguiroiro 006
マジックスカルプ

所謂エポパテです。
以前紹介したグレージングパテ同様値段のわりに量が多く、3780円で内容量なんと16オンス!




16オンスって何グラムだよ・・・ ( ゚д゚)?

えーっと、調べてみたら大体454グラムですね(箱にもグラムで記載して欲しい・・・)
クレオスのエポパ高密度タイプが78グラムで約1000円ですから、結構お徳かと思います。
賞味期限もキチンと保管すれば5年以上もつようなので、ほとんど使わずに劣化させてしまったなんてこともなさそうです。
さて、実際に使ってみた感想をば。
ちなみにあくまでも私見ですので、そこはご了承ください。

■練ってるとき
・結構ボソボソしてて、粘りは少ない
・主剤と硬化剤の色がわりと似てるので、ちゃんと混ざったか不安
・ベタつきは少なめ

■盛ってるとき
・特になし

■硬化後
・一言で言うとロウ。この表現が一番あってる気がする
・ナイフでスッと切れる
・ヤスリはかけづらい。すぐ目詰まりする
・プラへの食いつきはかなり悪い
・キメが細かく、表面は滑らか

こんな感じでしょうか。
ヤスリがすぐ目詰まりしてしまってかけづらく感じたんですが、もしかしたらこれは完全に硬化していなかったのかもしれません。
かなり時間がたってからヤスったらあまり目詰まりしなかったので。
プラへの食いつきは最悪と思っていいと思います。ただ、これも完全硬化していなかったせいかもしれません。
逆に考えればメンタムなしで「ムニュッ」ができます。

以上のことから、細かい改修より大きな形状変更やマジックスカルプ単体で何かを形作ることに向いてると思います。
もっとも、まだ数回使っただけの感想なので、今後使い込んだらまた感想が変わるかもしれません。
とりあえずこれからも使い込んで、うまく扱えるようになりたいと思います。



ちなみにキメが細かいので、痛キュベ作る際のスリット埋めには最適だと思ふ<誰の役にも立たない情報




ガンプラブログランキングに参加しています。
応援よろしくおねがいします!



巷で話題のガンキャノン、ボクにはゾイドにしか見えないです。



さて、本日は珍しくガンプラブログらしいツールのご紹介。
こちらも巷で話題(?)のロックペイント社製グレージングパテです。

とりあえず初見の感想
douguiroiro 001

デカッΣ(゚Д゚;)!?

容量たっぷりなので、小分けして使ってます。
douguiroiro 020

このパテ、中身はフィニッシャーズのパテと同じらしく色も同じ緑色。
使用感もフィニパテと同じでキメが細かいです。
まだ上から塗装してないので断言は出来ませんが、問題なく使えると思います。
ただチラホラと耳にするのが、プラをかなり溶かすという話。
もともと実車用のパテらしいので、溶剤が強いんでしょうか?
確かに多少プラが変色しているところがありました。
個人的には乾燥時間をきちんと取れば特に問題ないかなって思います。

そして何と言っても特筆すべきはそのコストパフォーマンス!
250gも入って700円弱です(タミヤパテは32gで260円くらい)
この差はいったいなんなんだろうって、真剣に悩まされるレベルです。
なんか体に悪いもんでも入ってんじゃないかと勘ぐりたくなります(注 体に悪いものが入っていないパテはありません、たぶん

とりあえず、しばらくはパテ買わずに済みそうです。


ガンプラブログランキングに参加しています。
応援よろしくおねがいします!


ブルノミ各種サイズ キタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* !!!!!
bullnomi 003


というわけで、板橋のノミ職人Bullさんにお願いしていたブルノミ各種サイズが届きました。
画像は左側が1.0mm以下のノミで、デザインナイフのグリップに付けて使うタイプ。
右側は1.1~2.0mmのそのまま持って使えるタイプです(画像に写ってるのは1.9mmと2.0mm)
これで、0.1~2.0mmまでコンプリートですよ。

切れ味も抜群、これは2.0mmでキュベレイの膝関節裏にあるモールドを彫りなおしたもの。
bullnomi 010


これは1.0mmでフラッグの武器の溝を掘りなおしたもの。
bullnomi 019


・・・・・工作も画像もヘボくて良さを伝えられない orz


Bullさん、今回はわがままを聞いていただいてありがとうございました!
大切に使わせていただきます!!



Bullさんのサイトでは0.1~0.3mmのノミを販売しています。興味のある方は覗いてみてください。



「会社員・OL」ランキングに参加中です。
応援お願いいたします(`・ω・´)

さてさて、土曜はアッガイの塗装をしつつ、
プラnet管理人のwakiちゃんとオフって来ました。

お店にお邪魔すると・・・
あるある、グフやら百式やら戦車やら。
っていうか、床にはコンプ置いてあるしw
あ、仕事で使うのか。
でもガンプラ飾ってある美容院ってwww

そこですんばらしい物を紹介してもらいましたよ!
つめみがき

じゃぁ~ん。
簡単に言うと高級爪磨きです。
爪磨きでの表面処理はMaさんも紹介してましたが、
こいつは高級版だけあってすごい威力です!
試しにサフパーツに使ってみましたが、あっという間にピカピカに。
その上から塗装した画像です。
あっがいすね

あんまり綺麗くないと思ったあなた!
ボクの腕の問題です(泣

詳しく知りたい方はwakiちゃんまで!

作業時間
3月9日~3月11日
アッガイ:塗装320分
謎の戦車:組立て70分

ブログランキングに参加しています。
クリックしてくれたらたんこぶ感激☆